将来の事を考えてバリアフリーにする

少しの段差で怪我をすることがある

注文住宅を建てるという場合、将来の事を考えてあらかじめバリアフリー化しておくのがおすすめです。年齢を重ねると少しの段差でも躓いて、転んでしまうリスクがあります。転んで擦り傷ができる程度で済めば良いのですが、骨密度が低下している高齢者の場合、転んだことで骨折してしまうかもしれません。室内にちょっとした段差もできないよう、最初からバリアフリーにしておけば安心です。また、歳をとってからリフォームでバリアフリーにすれば良いと考える人も少なくありませんが、注文住宅を建てる時点でバリアフリーにしておけばリフォーム代も節約できます。段差だけでなく廊下やトイレに手すりをつける、滑りにくい床材にするなども抑えておきたいポイントです。

バリアフリー住宅で重要となる廊下のポイント

もし、自分の足で歩けなくなってしまった場合、家の中でも車椅子を使って生活することになります。もし、家族が車椅子での生活を余儀なくされることも考えて、注文住宅を建てる時には高齢者でも生活しやすい環境を整えておくことが大切です。例えば廊下は車椅子でも無理なく通れる幅が必要となります。廊下にスペースを取るのは少しもったいないように感じてしまいますが、廊下はのちのちリフォームで変更するのが難しい部分です。新築時に車椅子が通れる幅か慎重にチェックする必要があります。一般的な廊下の幅は780mmですが車椅子を利用することを考えた場合、930mm程度の幅が必要です。また床材は車椅子でも傷つきにくものを選ぶと良いでしょう。

© Copyright Comfortable Custom Homes. All Rights Reserved.