住宅ローンを利用する

建物分の中間支払額を用意

住宅は非常に高額の買い物になり、貯蓄の少ない若い人だと買うのは難しいでしょう。そこで利用したいのが住宅ローンで、将来に稼ぐお金を事前に用意できるので若くても購入が可能になります。建売住宅や分譲マンションであれば購入契約をすればすぐに住宅ローンが利用できますが、注文住宅は少し仕組みが異なるので注意が必要でしょう。住宅ローン利用時には担保が設定されるのが一般的で、既に価値のある土地に関してはローンが組めます。しかし建物が建っていない状態だと建物の価値が無いのでローンが組めません。このときは建物に関しては代金を分割して支払う必要があります。購入時において中間支払額程度を良いしておかないといけないかもしれません。

貯金ゼロでもつなぎ融資で購入

貯金ゼロで家を買う人がいるようですが、全く貯金が無い人はいないでしょう。ただ頭金などを使わずに住宅ローンを組んだりもできるので、金融機関と相談をして代金の返済計画を立てるようにしましょう。注文住宅においては建物を建てる契約をしたときには資産価値としての建物が無いので住宅ローンのための担保がありません。一方で建築費用を事前に払わないといけないときもあるので、その分のお金を用意するためにつなぎ融資を使うときがあります。住宅ローンでない一般の借入サービスなので、建物を担保として設定する必要はありません。注意として担保がないので利率が上がりやすくなります。住宅ローンが開始するまでですが、利息を支払う負担も考えておくと良いでしょう。

© Copyright Comfortable Custom Homes. All Rights Reserved.