防犯設備の導入に力を入れる

敷地外からの侵入を想定した家造り

注文住宅は既に保有する土地を利用するときもあれば、新たに土地を購入して建てるときもあります。立地を優先すると防犯上問題があるかもしれず、何も考えず家造りをすると侵入者に狙われやすくなっている可能性があるので注意しましょう。角地は道路に面している部分が多いので人気がありますが、道路部分から侵入されやすくなるので何らかの設備が必要です。防犯のためにブロックなどを高く積み上げた塀を作ろうとするかもしれませんが、侵入者が塀の中で作業をし易くなるので良くないようです。防犯のためには塀の高さは高すぎず、敷地内も適度に目隠しがある程度にとどめておくと良いでしょう。敷地周りに電柱があるときは侵入に備えるために建物と電柱とを離して建てるなどの工夫が必要です。

玄関扉や窓を工夫する

住宅に必要な設備として玄関や窓などの扉があります。外観に合わせてオシャレなデザインのものを取り付けたいでしょうが、その前に防犯性も考えた方が良いかもしれません。侵入者の多くは玄関からとされていて、玄関扉の防犯性が高ければ侵入もされにくくなり、具体的にはツーロックやディンプルキーを備えた玄関扉を検討すると良いでしょう。他の窓からの侵入対策も必要で、鍵のかけられる雨戸などを設置しておくと外からの侵入を防ぎやすくなります。オシャレな窓としてルーパー窓がありますが、こちらはあまり防犯性が高くないものもあるので他のものを検討した方が良いかもしれません。網戸は強度の弱い化学繊維製のものではなく金属製のものにすると防犯性が高くなります。

© Copyright Comfortable Custom Homes. All Rights Reserved.